脱毛方式について知ろう!

脱毛方法の違い

脱毛を自身以外でする場合次の3つの脱毛方法について知っておく必要があるでしょう。まずは電気針脱毛、ニードル脱毛とも呼ばれています。1本ずつ毛穴に針を刺して微弱な電気を流して毛根組織を破壊するという方法です。次にレーザー脱毛ですが、指向性・収束性・単色性等自然光にはない光を使って毛根組織を破壊して脱毛する方法で、医療機関にのみ許されています。

脱毛効果の持続力が一番高いされているのは、ニードル脱毛です。レーザー脱毛も医療機関で扱える高出力のものであれば、ほぼ完全に毛根組織を破壊できるので、永久脱毛に値する効果が得られる可能性が高いとされています。

一番再度生えて来る確率が高いのが、光脱毛です。自然光に近い光をやけどなどの危険のないよう広範囲に充てるので、完全に全部の毛根組織を破壊できる確率が低いようです。

ただし、完全に生えなくなる場合もありますし、毛が細く薄くなっていきます。さらに回数を繰り返し行う事で、ニードルやレーザーに近い結果を得られる確率が高くなっていきます。

永久脱毛というのは、まだこれらのだつもう方法で、50年ぐらい経過した結果がないので、正確にそうだとは言いにく部分がありますので、どの方法であっても本当に永久脱毛することができるのかどうかは不明です。

脱毛方法とメリットデメリット

まずニードル脱毛ですが、確実性が高いので、一番強力なひげの脱毛には今も主流で使われています。その場で実際に毛が抜けるので、実感が強いのも人気の秘密でしょう。

ただし、痛みがとても強いことで、全身脱毛では、とても耐えられないことが多く、多くの人が断念することが多かったようで、ひげだつもう以外ではあまり人気のない脱毛方法となっています。

また、この方法は、施術者の技量による差が大きいこと、1本ずつの処理になるので、時間と費用が高くなるのがデメリットとなっています。

レーザー脱毛はニードルほど痛くないと宣伝されていますが、これは決して痛くないわけではなく、かなり痛みます。医療機関では麻酔などをオプションで用意していますので、麻酔を使う事で経験はできます。

医療機関で行うため、ニードルほどではありませんが、たいてい費用が数十万になるので、気軽な脱毛方法ではありません。また、かなり評判の悪い美容クリニックもあるようなので注意しなければなりません。もちろん、リーズナブルで費用が安いところもでてきています。

ただし、美容クリニックですので、脱毛サロンのように各地に店舗があり、営業時間も長く気軽に通えるという点が書けているのがデメリットです。ニードル脱毛と、光脱毛の中間的なメリット、デメリットのある存在と考えられます。

光脱毛は、ほとんど痛みがなく、照射範囲が広いため、短時間で広範囲が脱毛処理できるため、費用が安く、また施術者の技量の差が出にくいため、全身脱毛などでは特にミスとパフォーマンスが高く、現在の女性の脱毛の主流となっています。脱毛した部分からもまた生えて来ることが結構ありますが、何度も繰り返すことで、細く、はえにくくなっていきます。また、どんどん機器が進化していて、より高性能で、肌に安全で、効果が高く痛みも少ないものとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です