脱毛の痛みは脱毛方法で異なる

過去に脱毛をやった人の多くのイメージは、「とにかく痛い」というものでした。それは、美容電気脱毛またはレーザー脱毛が主流だったからです。

その多くは、痛みが原因だったといわれています。ニードルはとても痛く、毛抜きで抜かれているぐらいの痛みがあり、特にデリケートな部位では痛くて耐えられない人がお多いといいます。

男性でも痛覚の多い鼻の下などは、レーザー脱毛でも涙が出るほど痛いと感じます。ニードル脱毛に比べると痛みが少ないと言われるレーザー脱毛ですから、実際にはかなり痛いので「痛くない」ということは間違い多度思われます。

レーザーで焼いて破壊するのですが、ヒリヒリ、ピリピリする痛みが断続的にあります。全身脱毛の場合、ワキなどでしたらかなり痛いはずです。

そして、一番痛みが少ないといわれているのが、光脱毛です。いろいろな工夫がされていて、無痛と歌うところもあります。

たしかに部位によっては殆ど無痛だと思います。しかし、まったく痛くないというのも間違いです。痛覚が多い敏感な部分は多少ピリピリとした痛みがあります。

最新の光機器では、より出力を抑えながら効果が出るように進んできたいます。ジェルで冷却したり効果を高めたり、機械そのものが冷却効果を持っていたりなど、脱毛専門の機械がかなりのペーで進化していて、それが専門の脱毛サロンがどんどんできるきっかけとなっています。

今はこれによってより痛くなく、とても安い料金で気軽にできるという方向で、光脱毛が人気になっています。